廃車買取と中古車買取の違いとは?

  • HOME »
  • 廃車買取と中古車買取の違いとは?

車を買い換えるタイミングで気になるのが、今乗っている車をどのようにして手放すのが1番良いかという点です。こちらでは、愛車を手放す方法として廃車買取と中古車買取の2種類をご紹介します。

「中古車買取」で次の持ち主へ

「中古車買取」で次の持ち主へ

中古車買取は、乗り換えなどで手放した車をお客様から買取したあと、メンテナンスを加えて、次のお客様に販売します。中古車買取する際のポイントは、走行距離・車両の状態・市場の人気度です。人気の高い車種や色の車両は、高価格であっても購入する買い手が多くいます。そのため、中古車であっても高額査定高価買取されるケースが比較的多いのが特徴です。

ディーラーの場合、新車や試乗車などの新古車を販売する際に、下取りという形で買取を行います。新車を購入する際に掛かる費用を、買取とセットにすることで一部を相殺できます。

車買取専門店は、買取のみを行っていることが多く、買取した車の販売は行いません。中古車オークションなどで、中古車販売店向けに売却されることで次の持ち主へと販売されます。

「廃車買取」で部品を活かす

「廃車買取」で部品を活かす

廃車買取は、中古販売することが難しい車両の買取が対象です。例えば、事故によってフレームに損傷がある場合や、修理が困難な車両などがあります。このような車両の場合、日本国内では比較的敬遠されがちです。
しかし、修理することで走行可能な車両の場合は、海外向けに輸出することで次の持ち主を見つけることができます。

また、大雨による水没や地震などの災害で使用不可になった車両も、廃車買取がおすすめです。廃車買取は、壊れてしまった車両の中から使用可能なパーツや素材を取り出して使用します。特に、大型トラックなどに使用されている大型のパーツは、リサイクルパーツとして人気のある商品です。車1台では販売することができない廃車も、使用できる部分をリサイクルすることで、次の環境でも活かすことができます。

お車の廃車処理でお困りの方は、西都市にある当社をご利用ください。お電話または入力フォームからお問い合わせいただけます。お持ち込みでの査定も承っておりますので、見積りをご希望の方はお気軽にご連絡ください。

PAGETOP