快適な走行のためにはタイヤのメンテナンスを

  • HOME »
  • 快適な走行のためにはタイヤのメンテナンスを

タイヤは、少ない接地面で重たい車を支えています。そのため、タイヤ1つ1つに掛かる負担は大きなものです。普段の走行であっても、道路の状態や運転の方法によってはタイヤにとって大きな負担になります。定期的なメンテナンスでは、タイヤに掛かる負担が許容を超えてしまう前に発見することが重要です。
以下のポイントに注意しながらメンテナンスを行いましょう。

適正な空気圧になっていますか?

適正な空気圧になっていますか?

タイヤの空気圧は、適切な量の空気を入れることで、中古タイヤでも長く使い続けることができます。適切な空気圧は、運転席のドア枠に記載されています。ガソリンスタンドなどで空気圧を調べて、充填することができます。

空気圧の点検を行う場合は、あまり走行せずにタイヤが冷えている状態で行うのがポイントです。

タイヤは、走行する際の摩擦で空気の温度が上がると、空気圧が上がってしまう場合があります。そのため、自宅で点検できない場合は、できるだけ近場にあるガソリンスタンドで点検することをおすすめします。

タイヤの危険信号は出ていませんか?

タイヤの危険信号は出ていませんか?

タイヤは、しっかりとした凹凸が表面にあることで、スリップせずに走行することができます。そのため、凹凸が減ってくるとスリップする可能性が高くなり、非常に危険です。これを防ぐためには、定期的にタイヤの溝を確認する必要があります。

凹凸が浅くなったタイヤに出てくるのが「スリップサイン」です。

スリップサインは、溝の深さを確認するポイントの1つとして、点検時にチェックしましょう。また、4つのタイヤは掛かる重量によって摩耗の速さが異なります。タイヤローテーションを行うことで、均一に摩耗させることができるのでおすすめです。

愛車のタイヤ交換をご検討の方は、ぜひ一度当社へご相談ください。新品タイヤから激安の中古タイヤまで幅広く取り揃えております。車検などのタイミングでタイヤ交換が必要な方は、費用を抑えることのできる中古タイヤがおすすめです。また、中古ホイールや新品タイヤの持ち込み交換も、お手軽な工賃にて対応致します。宮崎県西都市周辺でタイヤ交換をする際は、西都インターチェンジ近くの当社をぜひご利用ください。

PAGETOP