ローンが残っている場合に廃車はできる?

  • HOME »
  • ローンが残っている場合に廃車はできる?
ローンが残っている場合に廃車はできる?

車は、人生における買い物の中でも、マイホームに次ぐ大きな買い物のひとつです。新車ともなれば、オプションなどを含めた見積り額は何百万円にも達します。一括で購入する場合もありますが、銀行やディーラーのカーローンを活用する方がほとんどでしょう。こちらでは、ローンが残っている車を廃車する場合の注意点をご紹介致します。

残ローンで解体&廃車はできる?

廃車する多くの場合は、車が長期の使用から中古車買取ができない場合です。その場合は、解体と登録を抹消する廃車処理を行います。しかし、水害などが原因で突然使用できなくなる場合は、廃車する際に注意が必要です。なかでも、購入時のローンが残っている場合は、解体や廃車処理ができない可能性があります。

ディーラーローンを利用している場合

車を購入する場合は、ディーラー側でローンサービスが準備されていることがあります。このローンは、銀行などでローンを組む場合と違い、車の所有権がディーラーにある点がポイントです。ローンを完済した時点で、所有権がディーラーから移動してきます。

そのため、ローンが残っている状態では、所有権を持っているディーラーなどに許可なく解体や廃車をすることはできません。残ローンは、一括で支払うことで、「所有権解除」をディーラーが手続きしてくれます。手続き後、所有権が購入者などに移されてからはじめて廃車処理を行うことができます。

銀行系ローンを利用している場合

同じローンサービスでも、所有権を購入者自身がはじめから持っている場合があります。それが、銀行が金融商品として扱っているローンサービスです。一般的には、「マイカーローン」などの商品名で、車に関する費用にローン額を充てることができます。

購入費用を銀行から借りて支払うかたちになるので、銀行が所有権を持つことはほとんどありません。そのため、ローンが残っている状態であっても、廃車の判断を所有者が行うことができます。銀行系ローンによっては、所有者とローン契約者が同一の場合もあるので、利用する際はしっかりと確認しましょう。

当店は、宮崎県にある廃車処理を専門とする自動車工場です。突然の災害で使えなくなった車の処理にお困りの方は、ぜひ一度ご相談ください。当社は手数料無料にてお客様のお車の廃車作業をお手伝い致します。また、ご来店の際に前もってご連絡いただければ、工場への持ち込みも大歓迎です。

PAGETOP