車の劣化を早めてしまう原因とは?

  • HOME »
  • 車の劣化を早めてしまう原因とは?

どんなに高級な車でも、雑な使い方をしてしまうと劣化を早めてしまいます。大切な愛車をできるだけ長く使いたいという方は、車の劣化を早めてしまう原因を知っておくことも大切です。意識すればすぐに改善できる点もあるので、まずは一度試してみませんか?

急のつく運転

急のつく運転

急ブレーキや急発進、急カーブなどは、車にとって大きな負担をかけることになります。交差点で止まることを避けたいがために、交差点に入る数十メートル前から急加速した場合、クラッチやミッションなどの伝達駆動系とタイヤに負担をかけることになります。また、そのような運転をしていると、どうしても交差点を通過できなかった場合には、急ブレーキが必要となり、ブレーキとタイヤにも負担をかけてしまいます。

落ち葉やドロ

落ち葉やドロがボディに付着した場合は、早めにボディから落とすことが重要です。近年発売されている車はサビに強くなっていますが、それでもサビは発生してしまいます。サビが発生しやすい環境を避けるということも大事ですが、落ち葉やドロなどの付着からのサビ発生にも注意が必要です。
特に雨が降っている日の走行後には、ボディに落ち葉やドロが付着していないか確認し、付着している場合はすぐに最適な対応をとることが大切です。

たまにはガソリンを満タンに

たまにはガソリンを満タンに

サビは車の外部だけでなく、内部にも及ぶ場合があります。特に注意したいのが、ガソリンタンクのサビです。

ガソリンタンクのサビを酷い状態まで放置していると、ガソリンタンクに穴が開いてしまい、その穴からガソリンが漏れてしまいます。その漏れでたガソリンが要因で大きな事故に発展するおそれもあります。

ガソリンタンクのサビを防ぐためには、ガソリンを満タンにしてガソリンタンクに入り込む空気の隙間を少なくすることが有効です。濡れた部分が長期的に空気に触れることでサビが発生してしまうので、可能な限りガソリンは満タンに入れることをおすすめします。

劣化の原因を知って適切な対策することで、愛車を長く使うことができるのはもちろん、中古車買取サービスを利用する際にも高価買取高額査定を期待することができます。宮崎県で中古車買取・廃車買取サービスの利用をご検討中なら、ぜひ当社をご利用ください。お持ち込みいただいたトラックや乗用車などの廃車買取を行っています。見積りは手数料無料なので、西都市周辺で中古車買取・廃車買取サービスのことなら一度当社にお問い合わせください。

PAGETOP