すぐに交換!危険なタイヤ

  • HOME »
  • すぐに交換!危険なタイヤ
すぐに交換!危険なタイヤ

車を所有している方の中で、タイヤの交換時期を知っているという方は少ないのではないでしょうか。毎日のように車を使用しているという方でも、タイヤをまじまじと見る機会は少ないと思います。タイヤは走行する上でなくてはならないものです。

本当に危険な場合はすぐに交換する必要があるので、タイヤの交換時期の見極め方について知っておきましょう。

タイヤのヒビ

タイヤの溝が十分に残っていた場合でも、経年劣化によるひび割れが発生します。ひび割れは、タイヤの側面や溝に沿って多く現れます。車を保管している場所や使用頻度によって変わってきますが、以前の交換から5年以上経っている場合はヒビ割れが発生している可能性が考えられます。ひび割れが酷い場合は破裂の危険性があるので、タイヤの磨耗具合と合わせて必ずチェックするようにしましょう。

使用年数

使用年数

タイヤはヒビ割れを防ぐために油分が含まれています。しかし、その油分は徐々に抜けていくため、あまり走行していなくても劣化していきます。使用年数はタイヤに刻印された数字を見れば一目で確認することができます。

刻印された数字はタイヤの製造月日なので購入日とは違ってきますが、おおよその使用年数を把握することができるでしょう。

車をよく利用している方は3年から4年が交換の目安とされているので、目安時期に近い場合は交換することをおすすめします。

キズや変形

タイヤにキズや変形が見つかった場合は、使用年数がそれほど経っていなくても交換が必要になります。走行中に地面の突起物と接触して深いキズがついたり、内部のワイヤーコードが切れて変形したりすることがあります。このような状態で走行すると、タイヤを潰しながら回転させてしまうことになります。

タイヤの強度はワイヤーコードで保たれているため、ワイヤーコードが切れてしまうと最悪の場合バーストしてしまいます。ワイヤーコードの破損は修復ができないため、すぐに交換しましょう。

宮崎県内で中古タイヤ新品タイヤに交換したいという方は、当社をご利用ください。当社では、新品タイヤから激安の中古タイヤまでを幅広く取り扱っています。また、新品タイヤや中古ホイール持ち込み交換も格安の工賃で対応しているので、中古タイヤや新品タイヤについて気になる方はお気軽にお問い合わせください。

PAGETOP