コンテンツ

リサイクルの認知度について解説

一見、価値がないように見える中古車や廃車も、部品単位で見れば十分に価値が見込める場合があります。この記事では、車パーツのリサイクルに関する認知度や部品取りの注意点を解説しています。

宮崎県で車パーツを販売している専門業者をお探しの方は、井上オートリサイクルにぜひご相談ください。

車パーツのリサイクルに関する認知度

車のインパネ

車パーツは50〜60%近くが金属で作られていることもあり、中古車だとしても需要と価値があります。カーナビやETC、バッテリーなど、個人でも取り外しが認められている車パーツに関しては、オークションサイトでも盛んに取引がされています。

廃車同然の車であっても、バッテリーやタイヤなど車パーツ単位で見ていけば、再利用が十分に可能な部品も少なくありません。たとえ走行不能だったとしても、劣化の少ない車パーツであれば、それなりの利益を出せます。

仮に車パーツもボロボロで中古として売買できるほどの価値がなかったとしても、資源として再利用できます。50〜60%を占める鉄やアルミであれば金属資源、バンパーはプラスチック資源、ガラスは断熱材資源としてそれぞれ活用できる道があります。

宮崎の井上オートリサイクルでは、車パーツの販売を行っております。お客様の中古車や廃車を買い取り、そこからバッテリーやタイヤといった再利用可能な部品を取り出して、新品同様に仕上げた車パーツです。宮崎県で車パーツの購入や中古車および廃車の売却を検討されている方は、ぜひ井上オートリサイクルをご利用ください。

バッテリーやタイヤなど廃車から個人で部品取りをしたら違法って本当!?

持ち上げられた車を修理する業者

中古でも車パーツに十分な価値が見込めるのであれば、専門業者ばかりに任せるのではなく、個人で部品取りをして売却や交換をすればよいと思われるかもしれません。バッテリーやタイヤなど、様々な車パーツを個人で回収すれば、たとえ事故車や過度な改造車、過走行車のように価値が見込めない車を所持していても、ネットオークションなどで簡単に利益に変えられそうです。

しかし、個人での部品取りは違法とされているため、このような行為は絶対にしてはいけません。これは、2005年に施行された自動車リサイクル法によって定められています。中古車や廃車から車パーツを取り外す行為は解体に該当し、個人が解体を行う場合は許可が必要です。バッテリーの再利用なども同様です。

ただし、車に関わるすべてのパーツの部品取りや売買が禁じられているわけではありません。以下のような車パーツは、個人でも取り外して売却することが認められています。

  • カーナビ
  • ラジオ
  • ETC
  • オーディオ

こういった装備品やオプションに該当するものであれば、個人でも売買可能です。ただ、メーカーの純正品であれば、専門業者を通したほうが高く売れる場合があります。取り外しも個人で行うには大変手間です。専門業者に解体と買い取りを任せたほうがよいでしょう。

宮崎の井上オートリサイクルでは、中古車・廃車の買取や車パーツの販売を行っております。個人での部品取りには許可が必要であるため、必ず専門業者に依頼しましょう。宮崎県で中古車・廃車の買取や車パーツの販売を行う業者をお探しなら、ぜひご連絡ください。

中古でも新品同様!車パーツの販売店をお探しなら井上オートリサイクル

一見すると価値がないように見える中古車や廃車でも、車パーツ単位で見れば十分に価値が見込める場合があります。まずは、専門業者に依頼して見積もりを出してもらうとよいでしょう。個人での解体および販売は基本的に禁じられているため、専門業者に依頼する必要があります。

井上オートリサイクルでは、宮崎県で中古車買取や中古の車パーツ販売を行っております。宮崎県で中古車買取や車パーツの購入を検討されている方は、ぜひ井上オートリサイクルにご相談ください。

宮崎で車パーツの購入なら井上オートリサイクルへ

会社名 株式会社 井上商店
サイト名 廃車.jp 井上オートリサイクル
創業 昭和32年10月
設立 昭和49年12月9日
本社住所 〒884-0005 宮崎県児湯郡高鍋町大字持田1860−3
井上タイヤセンター住所 〒881-0001 宮崎県西都市大字岡富870−1
TEL 0983-41-1725
FAX 0983-41-1726
URL
資本金 2,467万円
従業員数 78人(パート11人含む)
役員
  • 代表取締役社長 井上 博功
  • 取締役 井上 ヨウ子
  • 取締役 井上 喜恵
  • 監査役 黒岩 政太