コンテンツ

車のパーツの名称や平均車齢について

再利用が可能なパーツがある場合、部分ごとの売却が可能な場合があります。専門的な知識が必要ですが、パーツの名称をあらかじめ知っておくことでスムーズに手続きが進められるでしょう。併せて、平均車齢を知っておくこともおすすめです。

こちらでは、車のパーツの名称や平均車齢について紹介します。宮崎で廃車買取を検討されている方は、ぜひ参考にしてください。

車のパーツの名称知っていますか?

おもちゃの車

廃車買取の手続きをする前に、あらかじめ車における細かいパーツの名称を知っておきましょう。査定の際は、パーツごとに見られるため、あらかじめ名称を確認しておくことで、スムーズに相談できます。

ボンネット

車を動かすエンジンが搭載されている部分を、エンジンルームと言います。エンジンルームを格納している蓋部分が、ボンネットです。ボンネットには、風や雨といったものからエンジンを守り、万が一歩行者に衝突してしまった際に衝撃を抑える役目があります。

ルーフ

ルーフとは、英語で屋根や屋上を指す単語です。車におけるルーフとは、車体の屋根部分を指しています。風や雨、雪、日光といったものから車内を守る役目を持っています。

ピラー

ピラーとは、英語で柱を指す単語です。車においては、ルーフを支えている複数の部分をピラーと言います。場所によって名前が異なり、もっとも前方に備わっているピラーの場合はフロントピラーとも呼ばれます。

バンパー

車体の前後に装着されているパーツが、バンパーです。前方に備わっているバンパーは、フロントバンパーと言います。内側が金属製の骨組み、表面はプラスチック製で作られており、衝突などによる衝撃から車体を守ってくれます。

フェンダー

車が走る道は常に綺麗だとは限らず、ときには泥や水が巻き上げられてしまうような悪路の場合もあります。巻き上げられた泥や水が車体にかかるのは、汚れの原因です。フェンダーは、前後のタイヤを覆うように備わっている泥除けの部分です。

サイドシル

シルとは、日本語で敷居という意味を指します。サイド、すなわち車体の横脇に備わっている敷居の部分を、サイドシルと言います。車体の剛性を左右する部分です。

フロントガラス

車体の前方部分に備わっているガラスを、フロントガラスと言います。運転するうえで非常に重要であり、視界を確保するためにガラスが使用されています。

リアバンパー

前方に備わっているフロントバンパーに対し、後部に取り付けられているのがリアバンパーです。基本的に構造はフロントバンパーと同様で、金属製の骨組みとプラスチック製の表面で作られています。

バックドアガラス

運転をするうえで重要となる視界は、前方ばかりでなく後方にも求められます。前方に備わっているフロントガラスに対し、バックドア部分に取り付けられているのがバックドアガラスです。

リアワイパー

フロントガラスとバックドアガラス付近に取り付けられているのが、ワイパーです。雨天時など悪天候の際に走行しようとすると雨や雪がガラスにつき、視界が遮られてしまいます。これらを払い落とすのが、ワイパーです。後部に備わっているのを、リアワイパーと言います。

トランクリッド

セダンタイプの車両には、後部に荷物が積めるスペースが備わっています。この部分はトランクと呼ばれており、蓋部分をトランクリッドと呼びます。

井上オートリサイクルでは、宮崎にて廃車買取を承っています。廃車買取におけるプロフェッショナルが揃っているので、パーツごとにおける悩みごとにも対応いたします。宮崎で廃車買取の相談・手続きを依頼するなら、まずは井上オートリサイクルにお問い合わせください。

平均車齢をご存知ですか? 廃車買取ならお気軽に

走っている車

人が生まれてから今日にいたるまでの年月を年齢として数えるように、車も初度登録してから経過した年月を数えて車齢と呼びます。この車齢の平均値が、平均車齢です。新車の販売台数や歳をとった車の海外輸出またはスクラップが増加することで、平均車齢は若くなっていきます。

一方、反対に新車の販売台数が減り、車が長い期間使用されれば、平均車齢は上がって高齢化とも言える現象が起きます。日本において、乗用車の高齢化は25年間続いています。平成29年の段階で、平均車齢は8.5年だとされています。新車購入に向けた補助金といった制度の導入によって若返りを狙った年もありましたが、依然高齢化は進んでいます。

平均車齢が8.5年ということは、これくらいの年月で車両を手放す人が多いと言えます。廃車買取を依頼するにあたり、目安にするとよいでしょう。

井上オートリサイクルでは、宮崎にて廃車買取を承っています。車における平均車齢という考え方は、廃車買取を依頼するうえで一つの目安となるでしょう。宮崎で廃車買取を依頼する際は、ぜひ井上オートリサイクルにご相談ください。

宮崎で廃車買取を依頼するなら井上オートリサイクルへ 手続きの相談はお気軽に

廃車買取を依頼する場合、再利用できるパーツが多ければ部分ごとに専門業者へ売却できます。再利用が可能かどうかは専門業者による査定が必要ですが、パーツの名称はあらかじめ理解しておくとスムーズに手続きを進められるでしょう。

井上オートリサイクルは、宮崎にて廃車買取を行っている専門業者です。廃車買取を依頼する最適のタイミングは場合によりけりですが、一つの指標として平均車齢を参考にしてもよいでしょう。宮崎にて廃車買取を検討されている方は、ぜひ井上オートリサイクルにご相談ください。

宮崎で廃車買取業者をお探しなら井上オートリサイクル

会社名 株式会社 井上商店
サイト名 廃車.jp 井上オートリサイクル
創業 昭和32年10月
設立 昭和49年12月9日
本社住所 〒884-0005 宮崎県児湯郡高鍋町大字持田1860−3
井上タイヤセンター住所 〒881-0001 宮崎県西都市大字岡富870−1
TEL 0983-41-1725
FAX 0983-41-1726
URL
資本金 2,467万円
従業員数 78人(パート11人含む)
役員
  • 代表取締役社長 井上 博功
  • 取締役 井上 ヨウ子
  • 取締役 井上 喜恵
  • 監査役 黒岩 政太